2006年03月24日

ピューリッツァー賞

ピューリッツァー賞は報道カメラマンにとって
世界で最も権威のある賞です。
写真だけじゃないんですが、写真に贈られる賞として有名なので、
もっぱらピューリッツァー賞=報道写真のノーベル賞、と思われています。
さておき、このピューリッツァー賞が有名になったのは、
とある一枚の写真がきっかけです。
「ハゲワシと少女」
記憶に残っている方も多いでしょう。
餓死寸前の少女がハゲワシに狙われている、
そんな冷酷な瞬間を切り取った一枚です。
カメラマンであることを優先したからこそ、
その一枚が世の知るところとなりました。
しかし、助けることもできたはずです。
私たち一般人の感覚では理解できません。
ともかく、そんなギリギリの世界もある写真の世界について、
素人が勝手にたらたらと思いを述べていきます。
posted by photomania at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ピューリッツァー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。